筋肉痛とBCAA

BCAAを運動前や運動中に摂取することによって、運動後に来る筋肉痛を軽減することが可能です。運動の際に消費される筋肉細胞をBCAAが補ってくれるため、筋肉へのダメージが少なく済みます。

宇都宮大学農学部 - 教員紹介

BCAAを摂取した状態で運動を行うとタンパク質の分解が抑制され、筋損傷が抑えられるために筋肉痛が軽減されるのです。これによって、筋肉の修復にかかる期間が短縮されるため、より継続的なトレーニングが可能になり、結果として筋力アップへの大きな手助けとなるでしょう。



しかし、BCAAはプロテインとは違います。そのためBCAAそのものに筋力アップを望むのは、少し事情が変わってきます。あくまで翌日以降へのダメージ蓄積、筋損傷による筋肉痛を軽減させてくれるものであり、BCAAを飲むことによって効率よくトレーニングを進めることができますが、筋肉そのものの成長にはそれほど効果がないことを留意しておきましょう。

食品機能化学教室 | 食品科学科 | 日本獣医生命科学大学

運動をすると、体は筋タンパク質を分解してBCAAをエネルギーに利用します。それに対してしっかりとBCAAを補給することによって、筋肉の状態をサポートし負担や損傷を抑え、それが筋肉痛の軽減に繋がり、効率のよい筋力トレーニングを行うことができるようになります。運動前や運動中にしっかりとBCAAを補給し、計画的なトレーニングを実現させましょう。